きょうの一歩 【難病を抱える息子きょうちゃんとの日常】

難病を抱えて生まれてきた息子、きょうちゃんとのちょっと変わった家族の日常とこれまでの歩み

20200118010033

妊娠中、赤ちゃんの心臓に問題があると診断されるまで④

 

院長先生とM先生による診察の結果

f:id:kayarimo:20190315215859j:plain

院長先生とM先生によるエコー

診察室に入ると、昨日言われていた通りM先生と院長先生が待っていました。

院長先生がエコーを始めます。

 

「ん~~~~…確かにこちら側が小さく見える…。」

 

えええーーー!今まで心臓見て大丈夫ですねって言ってたじゃん!毎回見てたよね!?毎回大丈夫って言ってたよね!?

 

あっけにとられていると、

「M先生は心臓のエキスパートですからねえ。」

と。

 

いやいやいやいや院長先生も気づいてよ!院長だろ!なんの言い訳だー!

 

 

内心毒づいてしまいましたが、もちろん声には出せず…。

院長先生とM先生がエコー画面を見ながら小声で何か言い合っていましたが、よく聞こえませんでした。なんだか大事になりそうだと胸がざわざわしました。

 

 

O総合病院で検査してもらうことに

結局、詳しいことはここではわからず、大きなO総合病院で検査してもらうことになりました。すぐに診てもらえるように掛け合ってくれて、紹介状をもってそのまま向かうことになりました。

 

きっと何もない…そう思いたいのに、何かあるのではという不安が胸に広がっていました。そして、S病院を出た足でそのままO総合病院へと向かいました。

 

S病院にはこの日以来足を運ぶことはありませんでした。

スポンサーリンク